名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

島崎藤村『破戒』② 老教員の本音

 

 『・・・・我輩なぞは二十年も――左様(さやう)さ、小学教員の資格が出来てから足掛十五年に成るがね、其間唯同じやうなことを繰返して来た。と言つたら、また君等に笑はれるかも知れないが、終(しま)ひには教場へ出て、何を生徒に教へて居るのか、自分乍ら感覚が無くなつて了つた。はゝゝゝゝ。いや、全くの話が、長く教員を勤めたものは、皆な斯ういふ経験があるだらうと思ふよ。実際、我輩なぞは教育をして居るとは思はなかつたね。羽織袴(はおりはかま)で、唯月給を貰ふ為に、働いて居るとしか思はなかつた。だつて君、左様(さう)ぢやないか、尋常科の教員なぞと言ふものは、学問のある労働者も同じことぢやないか。毎日、毎日――騒しい教場の整理、大勢の生徒の監督、僅少(わづか)の月給で、長い時間を働いて、克(よ)くまあ今日迄自分でも身体が続いたと思ふ位だ。あるひは君等の目から見たら、今茲(こゝ)で我輩が退職するのは智慧(ちゑ)の無い話だと思ふだらう。そりやあ我輩だつて、もう六ヶ月踏堪(ふみこた)へさへすれば、仮令(たと)へ僅少(わづか)でも恩給の下(さが)る位は承知して居るさ。承知して居ながら、其が我輩には出来ないから情ない。是から以後(さき)我輩に働けと言ふのは、死ねといふも同じだ。家内はまた家内で心配して、教員を休(や)めて了(しま)つたら、奈何(どう)して活計(くらし)が立つ、銀行へ出て帳面でもつけて呉れろと言ふんだけれど、どうして君、其様(そんな)真似が我輩に出来るものか。二十年来慣れたことすら出来ないものを、是から新規に何が出来よう。根気も、精分も、我輩の身体の内にあるものは悉皆(すつかり)もう尽きて了つた。あゝ、生きて、働いて、仆(たふ)れるまで鞭撻(むち)うたれるのは、馬車馬の末路だ――丁度我輩は其馬車馬さ。はゝゝゝゝ。』(第四章 四)

 

 

f:id:sf63fs:20190704174109j:plain

(1962年の映画『破戒』、丑松を演じたのは市川雷蔵

  

    風間敬之進(けいのしん)は五十の声を聞くようになったベテランの同僚教師で、丑松とは親子ほどの年の開きがあります。
 学校では、丑松が主席教員(訓導)で高等科4年(現在の中学2年生)を担任しているのに対して、敬之進は尋常科の担当でした。
 先妻・後妻と合わせて六人の子持ち(未就学児も含み)ですが、まもなく健康面を理由に退職の予定となっています。
 元は士族(飯山藩士)の出で、詳しい経歴は語られていませんが、おそらく丑松のように師範学校という正規のルートをたどってはいなくて、検定によって正教員の地位を得ているものと思われます。
 引用した部分は、町はずれの居酒屋・笹屋へ敬之進が丑松を誘ったときの、彼の述懐です。「老朽な小学教員」の本音というか愚痴が出てしまっています。

 

■ 教員の恩給

 「恩給」とは、また懐かしい言葉の響きですね。子どもの頃、周りの大人たちが「学校の先生は恩給がついてええな・・・」などと言っていたのを思い出します。
  

恩給(おんきゅう)・・・恩給法(大正12年法律第48号)に規定される、官吏であったものが退職または死亡した後本人またはその遺族に安定した生活を確保するために支給される金銭をいう。なお、地方公務員については各地方公共団体が定める条例(恩給条例など)により支給され、退隠料と称されることもある。(出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』)

 
 支給には要件がありました。教員の場合は、原則として在職15年以上で、失格原因なくして退職した者に支給されるというものです。
 風間敬之進の場合は14年と半年で、6か月足らないのです。丑松は勤務校を訪れていた郡視学に何とかならないかと訴えましたが、規則を盾に一蹴されました。
 (居酒屋での様子からは、あと半年の勤務が無理とは思えないのですが・・・) 
   普通恩給の年額は、退職当時の俸給年額の3分の1から2分の1程度でした。
  そもそも、小学校教員の俸給自体が割と低かった(明治末ごろの尋常小学校本科正教員の平均月俸は20円余り)ので、子だくさんの敬之進の退職後の生活は厳しいものとなることが予想されます。
 

    このように見てくると、では「恩給と他の年金との違いは何?」という疑問が自然と生じてきます。
 総務省のホームページでは、やはり「恩給Q&A」というコーナーがあり、 
  次のような回答があります。(文末が「~考えています。」というのは、お役所の文章としてはちょっと違和感がありますね)
 
 

 恩給がもともと対象としていたのは、明治憲法下の国家における軍人、官吏等であり、国家に身体、生命を捧げて尽くした公務員です。
   恩給制度は、こうした公務員の傷病等の場合や死亡後の遺族に対し、国家として補償を行うという考え方に基づいてつくられた年金制度です。
   このような恩給の基本的性格については、相互扶助の考え方に基づき、保険数理の原則によって運営される社会保障としての公的年金とは異なっているものと考えています。 ※太字は筆者 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/onkyu_toukatsu/onkyu_qa.htm#q22

 

 ■ 教員は労働者!?

 教員としての誇りも意欲もなくしてしまったような敬之進の話は自嘲に満ちていて、「こんな先生には教えてもらいたくないな」と思わせるような内容になっています。
 教職というものをどう見るかについては、ずいぶんと昔から「教師聖職者論」vs「教師労働者論」の対立や論争がありますが、近年はそれに「教師専門職論」も加わっています。
   (「教師専門職論」・・・高い教養と能力の上に、特殊な専門技術が積み上げられた職業という考え方で、実際、1996年「ILO・ユネスコ共同勧告」の教師の地位に関する勧告では、「教師は、専門職でなければならない」と規定されている。)

 

 一方で、教員史研究の専門家によると、明治時代の教員を類型化すると、次のような4つのパターンになるということです。(陣内靖彦『日本の教員社会』)

1 「師匠的」教員=明治初年代、先生と生徒との間にパーソナル(私的)な人間関係があり、教師が自らの職業を「天職」と考えているような特徴が見られる。幕末期の寺子屋師匠の名残が見られる。

f:id:sf63fs:20190706170202j:plain

寺子屋の師匠・『一掃百態図』より/渡辺崋山 画)

「士族的」教員=明治10年前後から20年代前半。教員の中核部分を、維新によって経済的基盤を失った士族階級が占めていた。教職を世俗から超越したものとしてとらえ、生徒を啓蒙する公的な社会の代表としての一面をもっていた。

f:id:sf63fs:20190706170334j:plain

(士族の女性の小学校准教員免許状)

「師範型」教員=明治20年代後半から30年代の教員養成が制度化されると、教員の役割も画一的、形式主義的になっていく過程で生じた。教員は知識伝達と道徳教化の技術者という側面を持つとともに、国家からは「准官吏」に位置付けられた。

f:id:sf63fs:20190706170554j:plain

(長野県師範学校の絵葉書/長野名勝)

4 「小市民的」教員=明治末期から大正期前半。学校現場で組織化・官僚制化が進む中で、周辺的・傍系的教員の中には、教育という公務に献身しようという意欲を見失い、教職を「食うための手段」、「しがない教師稼業」としてとらえる向きが生じてきた。

 

 敬之進の場合、族籍は2の「士族的教員」なのですが、教員としての生き方は、まさに4の「小市民的教員」そのものです。

 

 

 早くも明治の三十年代の作品に、酒席とはいえ、このように「教師労働者論」を吐く「デモシカ教員」が描かれているところに、正直言って意外の感を禁じえませんでした。

    明治女学校、東北学院、小諸義塾などで教師経験のある藤村は、こういう教師を現に見てきたのでしょうか。ちょっと気になりました。