名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

井上靖『しろばんば』① 「通知簿と袴」

 一学期の終わる最後の日は、いつもこの日に通知簿(成績表)を貰うので洪作はよそ行きの着物を着せられ、袴(はかま)を穿(は)かされ、先生から貰った通知簿を包む大型のハンケチを持たされた。
 洪作にとっては学期末の通知簿を貰う日は辛い日であった。袴を穿くのは全校で二人しなかなかった。穿く者は決まっていた。洪作と上の家のみつだけであった。それからお役所という呼び方で村人から呼ばれている帝室林野管理局天城出張所の所長に子供のある人が赴任して来ると、大抵そこの子供たちが袴を穿いたが、しかし、洪作が二年になった時は、子のない所長が赴任していたので、袴を着けるのはみつと洪作の二人だけだった。
 洪作もみつも袴を着けるのは厭(いや)だったが、何となく自分たちは袴を着けなければならぬもののように思いこまされていた。
(中略)
    朝礼が終わって第一時間目に、生徒たちは教師の手から一人ひとり通知簿を渡された。通知簿を渡してから老いた教師は、一学期の成績は一番が浅井光一、二番が洪作であると発表した。みつは八番であり、酒屋の芳衛は終いから三番であった。生徒たちは自分の席次が何番であろうとも少しも気にかけなかった。みんな一様に無表情な顔で、自分の席次を親に伝えるために、教師から告げられた順位を忘れないように口の中で何回も唱えていた。一番びりだと言われた新田部落の木樵(きこり)の子供は、自分だけが何番という数字を知らされないで、”びり”だということに納得がいかないらしく、
   「うらあ、何番だ、うらあ、何番だ」
と前や背後の机をのぞき込んで喚(わめ)きたてた。そしてその挙句の果てに、短気な老教師に耳を掴(つか)まれて引っ張り上げられ、いきなり頬を二つ殴られた。(前篇 二章)
                                                    *うら(方言)・・・私、おれ

  

f:id:sf63fs:20190712151359j:plain

 

 『しろばんば』は、井上靖の自伝的長編小説である。題名の「しろばんば」とは雪虫のこと。本作品の舞台であり、作者自身が幼少時代を過ごした静岡県伊豆半島中央部の山村・湯ヶ島では、秋の夕暮れ時になればこの虫が飛び回る光景が見られた。

 本作品の時代背景は大正初期で、前編は、主に主人公・洪作と母方の叔母・さき子や義理の曽祖父の妾・おぬい婆さんとの触れ合い、後編は主に転校生・あき子との初恋、そしておぬい婆さんの死が描かれている。さらに沼津の商家「かみき」の蘭子や三島の伯母など、数多くの親戚が登場する(特に後編)のも特徴である(例示した両者は『夏草冬濤』の前半で登場する)。このように、多くの親戚との触れ合いの中で井上靖の豊かな人格が形成されたことが伺える。
     ( 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』)

 

f:id:sf63fs:20190712151429j:plain

  井上靖明治40年~平成3年・1907~1991)旭川市生れ。京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出す。「天平の甍」での芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」での日本文学大賞(1969年)、「孔子」での野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章した。(新潮社 著者プロフィール)

 

■ 通知簿と順位
  

 主人公の洪作(尋常小学校2年生)は父が軍医で母と妹を伴って豊橋に赴任しており、この湯ヶ島ではおぬい婆さんと暮らしています。

    一学期の終業式(この作品では普通の「朝礼」はあったようですが、「式」は描かれていません)というのは、「明日からいよいよ夏休みだ!」という解放感・期待感がある一方で、その学年で初めての通知表(通知簿)をもらうということから緊張感があって、子供にとっては結構気の重い日でもあります。

 この部分で気になったのは、担任教師が各生徒のクラス内順位を全員の前で発表しているところです。
 明治24年「小学校教則大綱」(文部省令第11号)以降、 昭和12年(1937)までは「甲乙丙丁」(こう おつ へい てい)という評定が行われていました。但し、「丁」はほとんど使われなかったとか。
(その後3年間・・・優良可(操行)、10点法(操行以外の教科目、昭和16年からはすべて「優良可」http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000189877) 

 クラス内の順位を付けるとなると、「甲乙丙丁」のそれぞれを数値化して、合計を出したのでしょうか。
 1960年代に小学校生活を送った経験から言うと、小学生の間はクラスや学年内の順位というものは知らされていなかったように思います。
 中学校に入ると、定期考査や実力考査などがあり、初めて「厳しい現実」を突き付けられたと記憶しています。

f:id:sf63fs:20190712155328j:plain

(大正時代・「全甲」の通知簿、https://blog.goo.ne.jp/momonngamomo/e/3924017f9bce391d1bf5d1be3e0417ec 

 

■ 小学生と袴

 近年、都会の小学校では、卒業式で女子児童に袴を着用させる(レンタルでしょうか)保護者が目立ってきて、学校や教育委員会の対応がちょっとしたニュースになっています。

f:id:sf63fs:20190713164710j:plain

 (大正初期、http://www.library.pref.nara.jp/supporter/naraweb/tukigase-gakkou.html

  写真はおそらく卒業式(人数が少ないので高等小学校かもしれません)のものと思われます。全員、袴を着用し、男子の中には羽織を着ている生徒もいます。

 作品の中では、おぬい婆さんがしきりと洪作に「袴を着けて登校するよう」に言います。

 その昔、特に地方では家の「格」(家格)というものが重んぜられました。
 軍医の長男を預かる保護者としてのおぬい婆さんには、終業式にはそれなりの服装で登校させるものだという強い思いがあったものと見られます。
   明治期でもいわゆる「良家」の子どもたちは、袴を着けて登校していたようですが、そうでない普通の家の子供も大正時代には袴を着けることが多くなったということです。
 ただし、これは都会の話で、田舎では昭和に入って洋服が普及するまでは「袴無し」が普通だったとか。
   私たちの小学生の頃(昭和37~42年)でもまだそうでしたが、小学生の服装一つとっても、家と家の間に、また都会と田舎との間にはっきりした「格差」が見られたものでした。