名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

井上靖『しろばんば』② 「師範出とそれ以外と」

 

 九月になって二学期が始まると、洪作は榎本(えのもと)という新しく湯ヶ島の小学校に赴任してきた師範出の教員のところへ、毎夜のように勉強にやらされた。榎本は部落に三軒ある温泉旅館の中で一番大きい渓合楼(たにあいろう)の一室に寝泊まりしていたので、洪作は毎晩のように夕食後渓合楼へ通った。おぬい婆さんの言い草だと、湯ヶ島の小学校には校長の石守森之進を初めとして、一人も正式に教員の資格を持っている者はいないが、こんど来た榎本先生だけは県庁所在地である静岡の師範学校を出ているので立派なものだということであった。
「洪ちゃ、あの先生の言うことだけは当てになるがな。何しろ師範出じゃ。門野原の伯父さんが幾ら校長だと言って威張ったって始まらんこっちゃ。あの伯父ちゃはどこも出ておらん。検定じゃ。十のうち五つは嘘(うそ)を教えているずら。中川基にしても同じこっちゃ。東京の大学出たとか何とか言ってるが、大学で何をしておったか判(わか)ったもんじゃない。そこへ行くと洪ちゃ、洪ちゃの先生は師範を出とる。同じ師範といっても、二部じゃない。ほんとの師範を出た。おばあちゃんの気に入った先生が初めて来おった!
 おぬい婆さんは大変ないき込みであった。毎夜、洪作が榎本のところへ教わりに行くことはすぐ部落中にひろまってしまった。おぬい婆さんが会う人ごとに、洪作は将来大学へ行くので、もうそろそろ勉強させなければと、そんなことを言った。(前篇四章)

 

■ 師範学校のイメージ

 おぬい婆さんというのは、洪作の曽祖父辰之助(若くして静岡県下の医界では名の知られた医者で、三十代半ばに当地に引っ込み、開業医として活躍した)が下田の花柳界から落籍させて連れてきた女性です。
 それ以上の詳細は不明ですが、土地に生まれ育った人とは違って、若いころから仕事柄、いろいろな分野のお歴々とも知り合い、ずいぶんと「世間が広い」ところのある女性と想像されます。

 さて、そのおぬい婆さんは、地元小学校でただ一人の師範出の教師を高く評価し、検定上がりの教師は校長であっても、「十のうち五つは嘘(うそ)を教えている」などと、大げさにこき下ろしています。
 それほどに師範学校出は優秀で貴重な存在であったのでしょうか。
 教員史の研究者によると次のような状況であったようです。

 

   小学校教員免許状授与数に占める師範学校卒業者の割合は、今世紀の初め(明治三十三、三十四年)は一割ほどに過ぎなかった。その後師範学校の量的拡大とともに上昇したが、それでも明治の終わりに二十七%であった。
    (中略)その割合は検定合格者の絶対数が減少した大正四~六年頃四割弱に上がったが、ほぼ三割というのが平均的割合であった。

(陣内靖彦『日本の教員社会』)

    本作品の時代背景は、洪作(モデルは作者・井上靖)が湯ヶ島小学校に入った大正三年(1914)からの数年間となっています。
 ですから、全国平均では約三割の教師が師範学校の出身とみてよいかと思いますが、伊豆の山間部のことですから、やはり師範出は珍しかったのでしょう。
 それと、おぬい婆さんの頭の中には、明治の半ば頃の師範学校のイメージがあったのかもしれません。
 というのも、地方にあっては、明治の終わりころまでは、師範学校と中学校が事実上の「最高学府」であるところが少なくありませんでした。
 本作品の舞台である静岡県を例にとってみると、明治8年(1875)に設立された静岡師範学校と明治19年(1886)創設の静岡中学校とがそれに当たります。
    高等教育機関の設置は、大正11年(1922)の浜松高等工業学校(現在の静岡大学工学部)と静岡高等学校(現在の静岡大学人文社会学部)を待たなければなりませんでした。

 

f:id:sf63fs:20190717171121j:plain

(静岡師範学校

 そういうわけで、その人の生きてきた時代や環境によって、各人の持っている「ある特定の学校」に関するイメージは結構異なってくるものではないでしょうか。


 

■ 一部と二部

   おぬい婆さんは「(榎本先生は)同じ師範といっても、二部じゃない。ほんとの師範を出た。」とも言っています。
 

    これはどういうことなのでしょうか。
  『学制百年史』(文部科学省)は次のように説明しています。

 

    明治四十年四月十七日師範学校規程を公布することとなった。
(中略)師範学校には本科と予備科を置き、本科を分けて第一部・第ニ部とし、修業年限は予備科は一年、本科第一部は四年、本科第ニ部は男生徒一年、女生徒ニ年(四年制高等女学校卒業者)または一年(五年制高等女学校卒業)とした。予備科は修業年限ニ年の高等小学校卒業者を入学させ、本科第一部は予備科修了者または修業年限三年の高等小学校卒業者を入学させることとした。この規程によって本科第ニ部が創設されたことは制度上きわめて重要であった。本科第ニ部は中等学校卒業者を入学させることによって師範教育を中等学校と連絡させ、後年専門学校に昇格する基礎をつくった。
    (文部科学省『学制百年史』師範学校制度の整備)
       http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317635.htm

 

f:id:sf63fs:20190717171610p:plain

  (明治41年の学校系統図)

 

    中学校を出て、一年間学ぶと小学校の本科正教員の免許状がもらえたのですね。(昭和6年:1931より2年制に)
    ただ、本体はあくまでも一部であり、定員も二部は一部の3~4割程度でした。

    おぬい婆さんは「師範学校でたった一年学んだだけの教師は、本当の師範学校出ではない」と言いたいのでしょう。
 たしかに、一年で学べることは限られていますし、そもそも、一部と二部では生徒の教職に対する意識という点でも違いがあったのではと思うのですが、いかがでしょうか。

 

■ 「東京の大学」といっても・・・

  中川基という若い代用教員について、おぬい婆さんは「東京の大学出たとか何とか言ってるが・・・」とやはり不信感をあらわにしています。

 大正7年(1918)の「大学令」公布まで、「東京の大学」といえば東京帝国大学ただ一校でした。

 早稲田、慶応を初めとして、明治時代から「大学」を名乗る私立の学校は幾つもありましたが、厳密には「専門学校令」(明治36年:1903)の下での専門学校なのでした。

 このあたりのいきさつを天野郁夫『高等教育の時代(上)ー戦間期日本の大学ー』は次のように記しています。

 

 具体的に言えば、私立専門学校の多くはこの規定を利用して入学資格を問わない「別科」を置き、多数の学生を収容して主要な経営基盤とする一方で、通常の課程である「専門部」のほかに一年ないし一年半程度の「予科」と三年制の「本科」からなる「大学部」を開設することで、例えば「私立早稲田大学」のように校名に「大学」をうたうことについて、文部省の承認を取り付けることになった。

 「大学」とは称していても、慶應義塾・早稲田は別格として、「予科」は実際には官立の高等学校や専門学校の予備校を兼ねている場合が多く、修了後大学部本科に進むものは限られていた。

 要するに、「大学を出た」といっても、あくまでも「大学」と称することを認められた専門学校を出たのであり、そのうちのどの課程(専門部、予科、大学部、別科)を修了したかによって、実際の学歴(学修歴)は全く違ってくることになるのでした。

 そのあたりをおぬい婆さんが知っていたかどうかは不明ですが、「それなりの課程を修めた者が、こんな伊豆の山村の小学校に代用教員として赴任するはずはなかろう」というような思いが強かったものと推測されます。

 

# 東京の古い私立大学の沿革を各大学のHPで見ると、「専門学校令により○○大学と称す(改称する)」と書いているところが多いですが、中にはN大のように「専門学校令による大学となる」というところもあります。

 わざとでしょうか、それとも担当者の思い込み、不勉強(失礼!)でしょうか。

母校でも何でもないので、どうでもいいのですが・・・(笑)