名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

井上靖『しろばんば』③ 「中学受験に向けて」

 新しい校長が来て十日程して、洪作は稲原校長に呼ばれた。校長室へ行くと、今夜から毎晩受験準備のため、渓合の温泉旅館の一つに下宿している犬飼という教師のもとに勉強に行くようにとのことだった。犬飼というのは稲原校長より二、三か月前に、この学校に赴任してきた若い教師であった。高等科の受け持ちだったので、洪作は犬飼とはまだ言葉を交わしたことがなかった。どことなく都会風なものを身につけている長身の、色の白い青年で、洪作が今まで知っている教師とは違った感じを持っていた。
(中略)
 最初の日に、犬飼から何題かの問題を出され、洪作はそれに対する解答を書いた。算術の問題も、読み方の問題もあった。出来るのも出来ないのもあった。犬飼はその場で洪作の書いた答案を調べ、調べ終わると、「やはり大分遅れているな」といった。
 「君はこの学校の六年生では一番できるということになっているが、町の学校へ行くと、到底上位にははいれない。まごまごすると中程以下に落ちるだろう。中学はどこを受ける?」
 「まだ決まってませんが、多分浜松だろうと思います」
洪作が答えると、
 「いまのところ、浜松は県下の中等学校では一番難しい。四人か五人に一人の率だ。このままでは到底入れない。さかとんぼりしてもはいれないだろう」

(こうして、洪作は犬飼と、睡眠時間を6時間に減らして受験勉強に励むという約束をして、夕食後毎晩彼のところへ通った)

    犬飼自身も勉強していた。一生田舎の小学校の教師で終わる気持ちはないというようなことを、犬飼は口から出したことがあった。中等学校の教師の検定試験でも受けるらしく、洪作が机に対って算術の問題を解いている時など、犬飼もまた自分の勉強をしていた。同じように鉛筆を握って、藁半紙(わらばんし)に数字を並べていることもあった。
(後篇五章)
 ※その後犬飼は精神に変調をきたし、入院。退院後に学校を替わることになります。

 

■ 中学受験にむけて

    洪作は父が軍医であり、村の小学校では特別な存在でした。中学校への進学も、ごく当然のことと自他ともに認めていたのです。
   ところが、周囲では一級上のあき子(帝室林野管理局天城出張所長の娘)が高等女学校を受けただけで、中等学校(中学校、高等女学校、師範学校)への進学希望者はちょっと珍しい存在でした。
 さて、6年生になって、中学校受験の準備を始める洪作ですが、校長が自校の教師に指導してもらえと命じるあたりが、彼の置かれた環境を端的に表しています。
 というのも、既に明治の終わり頃の地方の小学校でも、中学受験のための補習授業は特に珍しいことではなかったのでした。
 現在の兵庫県たつの市の農村で小中学生時代を過ごした哲学者・三木清明治30年~昭和20年:1897~1945、明治42年に龍野中学へ入学)の回想にもそれはうかがえます。

 

f:id:sf63fs:20190719165040j:plain

(龍野中学時代の三木清

 雑誌というものを初めて見たのは六年生の時であったと思う。中学の受験準備のための補習の時間に一緒になった村の医者の子供が博文館の『日本少年』を持ってきたので、それを見せてもらったわけである。私はそんな雑誌の存在さえも知らないといった全くの田舎の子供であった。(三木清『読書遍歴』)

 

 大正時代に入ると、折からの経済界の好況もあって、中学校志望者は増加の一途をたどり、中学校の増設も各地で相次ぎましたが、一向に追いつかず、「中学校入学難」は社会問題化していきました。
   全国の中学校の入学総定員を総志願者数で割ると、大正年間を通じて約36%から53%という数字が残っています。(桑原三二『旧制中学の入学試験』)

    入学できるのは、志望者の三分の一強から半数余という状況であったわけです。

 そんな中で当然のごとく生じたのが、大都市の小学校を中心とする受験準備教育の激化でした。
 よく知られているように、その典型は東京の「名門小学校」と呼ばれる一部の学校でした。

 なかでも誠之小(現在の東京都文京区)は、中等学校に進学するものが9割に上り、それゆえ入学時から一貫して中学校進学を前提とした教育ができるという強みを利用して、レベルの高い授業を行っていた。始業前や放課後に「課外教授」と称して補習授業を始めたのが1908(明治41)年である。(中略)夏休みや冬休みにも補習が行われ、大量の宿題が出た。(中略)6年生になれば、「朝学習」即ち始業30分前には登校してプリントに取り組む日課があり、放課後には「課外教授」があり、帰宅後は大量の宿題プリントをこなすというのが児童の毎日であった。(中村牧子『著名人輩出の地域差と中等教育機会』)

    そうした「現実」とは無縁の生活を送っていた洪作でしたが、受験を間近に控えた6年生の2月に浜松の小学校へ転校することになります。

 

f:id:sf63fs:20190719165827j:plain

(開通して間もない乗合バスで湯ヶ島を離れる洪作:1962年の日活映画『しろばんば』の一こま)

 

■ 小学校教師の受験勉強

 

 洪作の勉強を指導している犬飼も目的があって自ら勉強に励んでいました。「中等学校の教師の検定試験でも受けるらしく」とあります。

 今と違って明治・大正の頃の小学校教員と中等学校(中学校・高等女学校・師範学校)教員とでは、社会的威信や給与・待遇などに大きな違いがありました。
  漱石の『坊っちゃん』の中で、教頭の赤シャツが次のように言う場面があります。
 「元来中学の教師なぞは社会の上流にくらいするものだからして、単に物質的の快楽ばかり求めるべきものでない。・・・・それで釣りに行くとか、文学書を読むとか、または新体詩や俳句を作るとか、何でも高尚な精神的娯楽を求めなくってはいけない……(六)」
 「社会の上流」かどうかは疑問ですが、給与にははっきりと違いがありました。

 次は大正8年(1919)の「静岡県学事関係職員録」(国立国会図書館デジタルコレクション)から、主人公・洪作が6年生のときの湯ヶ島小学校静岡中学校の職員名簿です。

  

f:id:sf63fs:20190720174047p:plain

f:id:sf63fs:20190720174137p:plain

 これを見ると、本作品の登場人物のモデルと思われる校長や代用教員の名前が挙がっています。
 まず、湯ヶ島小学校で「小学校本科正教員」の資格を持つ訓導(現在の教諭に相当)の月俸の平均をとると、約25円になります。(同書の俸給表で確認)
 次に、静岡中学校のほうですが、校長及び奏任官待遇の教諭5名を除く教諭(判任官待遇)の平均は約53円となり、小学校教員の2倍強ということになります。
 もちろん、年齢や学歴が記載されていませんので、単純な比較にすぎませんが、大きな違いがあったことは明らかです。

 

 さて、その「中等学校の教師の検定試験」ですが、正式には「文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験」(略称は文検:ぶんけん)というものでした。

 大変な難関(実施期間を通して、全教科の平均合格率は約10%)であったようで、合格者の氏名は官報に掲載されました。

 また、中には受験勉強に熱中するあまり、児童の指導をおろそかにするような教員も現れたために、明治38年(1905)には東京府知事が訓令を発して取り締まるような事態も生じていたということです。(天野郁夫『学歴の社会史』)