名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

石川啄木『雲は天才である』① 「日本一の代用教員」

 

 

    六月三十日、S――村尋常高等小学校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常(いつも)の如く極めて活気のない懶(ものう)げな悲鳴をあげて、――恐らく此時計までが学校教師の単調なる生活に感化されたのであらう、――午後の第三時を報じた。大方今は既(はや)四時近いのであらうか。といふのは、田舎の小学校にはよく有勝(ありがち)な奴で、自分が此学校に勤める様になつて既に三ヶ月にもなるが、未だ嘗(かつ)て此時計がK停車場の大時計と正確に合つて居た例(ためし)がない、といふ事である。
(中略)
 午後の三時、規定(おきまり)の授業は一時間前に悉皆(しつかい)終つた。平日(いつも)ならば自分は今正に高等科の教壇に立つて、課外二時間の授業最中であるべきであるが、この日は校長から、お互月末の調査(しらべ)もあるし、それに今日は妻(さい)が頭痛でヒドク弱つてるから可成(なるべく)早く生徒を帰らしたい、課外は休んで貰へまいかという話、といふのは、破格な次第ではあるが此校長の一家四人――妻と子供二人と――は、既に久しく学校の宿直室を自分等の家として居るので、村費で雇はれた小使が襁褓(おしめ)の洗濯まで其職務中に加へられ、牝鶏(ひんけい)常に暁を報ずるといふ内情は、自分もよく知つて居る。何んでも妻君の顔色(がんしよく)が曇つた日は、この一校の長たる人の生徒を遇する極めて酷だ、などいふ噂もある位、推して知るべしである。自分は舌の根まで込み上げて来た不快を辛くも噛み殺して、今日は余儀なく課外を休んだ。一体自分は尋常科二年受持の代用教員で、月給は大枚金八円也、毎月正に難有頂戴して居る。それに受持以外に課外二時間宛(づつ)と来ては、他目(よそめ)には労力に伴はない報酬、否(いや)、報酬に伴はない労力とも見えやうが、自分は露聊(いささか)これに不平は抱いて居ない。何故なれば、この課外教授といふのは、自分が抑々(そもそも)生れて初めて教鞭をとつて、此校の職員室に末席(ばつせき)を涜(けが)すやうになつての一週間目、生徒の希望を容れて、といふよりは寧(むし)ろ自分の方が生徒以上に希望して開いたので、初等の英語と外国歴史の大体とを一時間宛とは表面だけの事、実際は、自分の有つて居る一切の智識、(智識といつても無論貧少なものであるが、自分は、然し、自ら日本一の代用教員を以て任じて居る。)一切の不平、一切の経験、一切の思想、――つまり一切の精神が、この二時間のうちに、機を覗ひ時を待つて、吾が舌端より火箭(くわせん)となつて迸(ほとばし)る。的なきに箭(や)を放つのではない。男といはず女といはず、既に十三、十四、十五、十六、といふ年齢(とし)の五十幾人のうら若い胸、それが乃ち火を待つ許りに紅血の油を盛つた青春の火盞(ひざら)ではないか。火箭が飛ぶ、火が油に移る、嗚呼そのハツ/\と燃え初そむる人生の烽火のろしの煙の香ひ! 英語が話せれば世界中何処へでも行くに不便はない。たゞこの平凡な一句でも自分には百万の火箭を放つべき堅固な弦(ゆみづる)だ。(一)

 

【作品紹介】
 明治時代の歌人・詩人である石川啄木の小説。処女小説(生前未発表)。1919(大正8)年発刊の新潮社版「啄木全集」第一巻「小説」篇に収録された。啄木の「渋民日記」の「八十日間の記」によると、「七月に入った。三日の夕から予はいよいよ小説を書き出した。「雲は天才である」というのだ。」とあるので、彼がこの小説にとりかかり始めたのは、1906(明治39)年七月三日の夕刻であったとされている。

f:id:sf63fs:20190818173104j:plain

 

石川啄木】 
    明治19年~45年(1886-1912)岩手県日戸村生まれ。本名一。生後まもなく、父が渋民村宝徳寺住職となる。唯一の男子として両親の愛情を一身に受け、村人からは神童と騒がれ、気位高く育つ。盛岡中学在学時に「明星」に感銘、17歳の時、文学を志して上京するが、健康を害し帰郷。20歳で処女詩集『あこがれ』を出版、天才詩人の評判を得る。が、自分の才能と自負心と、両親妻子を養わねばならぬ貧困の現実とに引き裂かれ続け、肺結核で不遇の生涯を閉じた。歌集『一握の砂』、友人らの尽力で死後出版された『悲しき玩具』、詩集『呼子と口笛』等がある。 ( www.shinchosha.co.jp/sp/writer/758  )

 

f:id:sf63fs:20190818173023j:plain

 

■  代用教員となるまで

 

(略年譜)

明治19年 (1886)2月20日岩手県岩手郡日戸村(現・盛岡市玉山区日戸)の常光寺に父・一禎、 母・カツの長男として誕生。 「一」(はじめ)と名付けられる。姉にサダ、トラがいる。 一禎は同寺22世住職。
明治24年 (1891)学齢より一年早く渋民尋常小学校(現・渋民小学校)に入学。
明治28年 (1895)盛岡高等小学校(現・下橋中学校)に入学。
明治31年 (1898)盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に128人中10番目の成績で入学。
明治32年 (1899)2年に進級。堀合節子と知り合う。
明治35年 (1902)10月1日『明星』に白蘋(はくひん)の筆名で初めて短歌1首が載る。
明治35年 (1902)10月27日盛岡中学校を退学
明治35年 (1902)10月31日友人や節子に見送られて上京。
明治35年 (1902)11月9日東京新詩社を訪問し、初めて与謝野鉄幹に接し、翌日は与謝野晶子に会う。
明治36年 (1903)2月病気療養のため渋民へ帰郷。
明治36年 (1903)12月1日『明星』に啄木筆名で詩「愁調」が載る。
明治38年 (1905)5月3日処女詩集『あこがれ』刊行。
明治38年 (1905)5月12日堀合節子を妻として入籍。
明治38年 (1905)6月4日盛岡市帷子小路(かたびらこうじ:現・中央通)で新婚生活を始める。 父母、妹・光子も同居。
明治39年 (1906)4月11日渋民尋常高等小学校の代用教員となる
(「もりおか暮らし物語」 http://moriokabrand.com/takuboku-kenji-calendar/

    啄木が盛岡中学校を退学した経緯については、私のもう一つのブログ「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」の中の「コラム14  試験とカンニングhttps://sf63fs.hatenablog.com/entry/2019/03/16/004722でとり上げています。ご参照ください。

 

f:id:sf63fs:20190818175948j:plain

(旧渋民尋常高等小学校校舎、現在は移築されています)

 啄木は妻・節子の父が岩手郡役所に勤めており、その友人である郡視学・平野喜平に就職を依頼、渋民尋常高等小学校に尋常科代用教員として採用されました。

 このとき、有資格者であるT准訓導が他校へ転出させられました。

 当時の教員は校長の遠藤忠志、主席訓導の秋浜市郎、岩手師範学校女子部出身の上野さめ子、そして代用教員の石川一(啄木)の計四名でした。
 生徒数283名(高等科68名、尋常科215名)で、啄木は尋常科二年を受け持ちました。

f:id:sf63fs:20190819113517p:plain

(啄木の履歴書、https://blog.goo.ne.jp/fuga-buriki-can/e/5e4b570ec0e46a4a26b3f2b8939a3767/?st=1

 

 ■  月俸八円!

 

 啄木の小説「足跡」(「スバル 第二号」明治42年2月1日)には次の場面があり、

上記4人の給料が記されています。

 健の月給はたった八円であった。そして、その八円はいつでも前借になっていて、二十一日の月給日が来ても、いつの月でも健には、同僚と一緒に月給の渡されたことがない。四人分の受領書を持って行った校長が、役場から帰ってくると、孝子は大抵紙幣と銀貨を交ぜて十二円渡される。検定試験あがりの秋野は十三円で、古い師範出の校長は十八円であった。そして、校長は気の毒そうな顔をしながら、健にはぞんざいな字で書いた一枚の前借書を返してやる。彼は平然としてそれを受け取って、クルクルと丸めて火鉢にくべる。

 

 次のグラフは明治42年(1909)の岐阜県尋常小学校、高等小学校の先生たちの給料です。本科正教員、准教員、専科正教員の合計です。(「明治人の俸給」、http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J022.htm

f:id:sf63fs:20190819121544p:plain

 「渋民日記」の中に「八円の月給で一家五人の糊口(ここう)を支えるという事は、蓋(けだ)しこの世で最も至難なる事であろう」とありますが、決して大げさではなく、この額では独身者でも生活に余裕はなかったと思われます。

 

 背景には、給与を負担する町村の財政力の乏しさがありました。

  

 「去る二十一日の月給日にも請求致し候ひしも、俸給金村役場より出来ず、お葉書によって今日も催促に参り候ひしも矢張り駄目、これは昨年の凶作の影響にて村税未納者多く、村費皆無のために候、誠に困り入り候、最も私一人でなく、学校の職員四人共同にて融通の余裕もなく、いづこも同じ秋の夕 暮れに御座候。役場にては、月末迄には何とかして払うと申居り候」 (明治39年4月23日付けの友人への手紙)

  これは借金をしている友人への手紙なので、やや誇張している部分があるかもしれませんが・・・・。

 一般的に小規模の町村にとって小学校の運営、中でも教員の給与は、財政的負担が大きく、給料を抑えられる代用教員に依存していた面があったと言われています。

  代用教員の多くは旧制中学校・高等女学校、場合によっては高等小学校卒業者であり、上級学校に進学するための学資を得るために一時的に代用教員となった者も多くみられました。

 代用教員になった上で、在職中に小学校教員検定を経て正規の教員免許を持つ教員にをめざす者も多くいましたが、啄木の場合はまさに「糊口を凌(しの)ぐ」ためのものでした。

 

# 教え子の回想(蒼丘書林『回想 教壇上の文学者』より)

f:id:sf63fs:20190819155629g:plain

 

佐藤 その頃の先生は、月給八円だったということですが、暮らしぶりはどうでしたか。

秋浜 私らが先生の家へ行っていたとき、学校から帰ってきた先生に、奥さんが玄関先で「今晩のご飯ありません」と言っていたこともありました。先生はそのままに買いに上がり、唱歌をうたったり、歌を作ったりしていました。弁当を持ってこないこともたびたびあったようです。

遠藤 でも、当時の百姓は、みんなアワやヒエを食べていたんですから、村で住むなら八円でもやってけたんじゃねえすか。

遊座 結局、お寺さんに生まれ育っていますし、それに啄木の性格もある意味で派手好きだったろうし、文学上のお付き合いも多いといったことが家計に影響していたんでしょうね。