小説にみる明治・大正・昭和(戦前)の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正・昭和戦前の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

谷崎潤一郎「小さな王国」③

※作者の学校歴について、2回にわたって書いたために、本題に入るのが遅れてしまいました。

 

【作者】谷崎潤一郎

(明治19~昭和40年・1886~1965)東京・日本橋生れ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関西へ移り住んだこともあって、次第に純日本的なものへの指向を強め、伝統的な日本語による美しい文体を確立するに至る。1949(昭和24)年、文化勲章受章。主な作品に痴人の愛』『春琴抄』『卍』『細雪』『陰翳礼讃』など。

(新潮社著者プロフィール https://www.shinchosha.co.jp/writer/2066/

 

f:id:sf63fs:20210225163037j:plain

大正2年・1913、27歳の頃)

【作品】

大正七年(1918)八月、「中外」に発表

 とりたてて目立つような生徒でもないが、転校生の沼倉はいつの間にか同級生の人望を得てクラスの覇権を握る。「老練」な教師の貝島は彼を操ることでクラスを善導しようとするが、独自の貨幣を発行するなど「沼倉共和国」は貝島の想像をはるかに超えて強大化してゆく。子だくさんの上に病人までかかえ、赤ん坊のミルクさえ買えない状態にある貝島は、やがて現実と沼倉が生み出した幻想国家との見境がつかなくなってしまう。
(中公文庫「潤一郎ラビリンスⅤ少年の王国」解説より) 

※ラビリンス・・・迷宮

f:id:sf63fs:20210225172100j:plain

大正8年6月 天佑社刊の「小さな王国」冒頭部分

国立国会図書館デジタルコレクション)

 

■ 文学博士を夢見た主人公・貝島昌吉だったが・・・

 貝島昌吉がG県のM市の小学校へ転任したのは、今から二年ばかり前、ちょうど彼が三十六歳の時である。彼は純粋の江戸っ子で、生まれは浅草の聖天町であるが、旧幕時代の漢学者であった父の遺伝を受けたものか、幼い頃から学問が好きであった為めに、とうとう一生を過ってしまった。――と、今ではそう思ってあきらめて居る。実際、なんぼ彼が世渡りの拙い男でも、学問で身を立てようなどとしなかったら、――何処かの商店へ丁稚奉公に行ってせっせと働きでもして居たら、――今頃は一とかどの商人になって居られたかも知れない。少なくとも自分の一家を支えて、安楽に暮らして行くだけの事は出来たに違いない。もともと、中学校へ上げて貰うことが出来ないような貧しい家庭に育ちながら、学者になろうとしたのが大きな間違いであった。高等小学校を卒業した時に、父親が奉公の口を捜して小僧になれと云ったのを、彼は飽くまで反対してお茶の水尋常師範学校へ這入った。そうして、二十歳の時に卒業すると、直ぐに浅草区のC小学校の先生になった。その時の月給はたしか十八圓であった。当時の彼の考では、勿論いつまでも小学校の教師で甘んずる積リはなく、一方に自活の道を講じつつ、一方では大いに独学で勉強しようと云う気であった。彼が大好きな歴史学、――日本支那東洋史を研究して、行く末は文学博士になってやろうと云うくらいな抱負を持って居た。ところが貝島が二十四の歳に父が亡くなって、その後間もなく妻を娶ってから、だんだん以前の抱負や意気込みが消磨してしまった。彼は第一に女房が可愛くてたまらなかった。その時まで学問に夢中になって、女の事なぞ振り向きもしなかった彼は、新所帯の嬉しさがしみじみと感ぜられて来るに従い、多くの平凡人と同じように知らず識らず小成に安んずるようになった。そのうちには子どもが生まれる、月給も少しは殖えて来る、と云うような訳で、彼はいつしか立身出世の志を全く失ったのである。
 総領の娘が生まれたのは、彼がC小学校から下谷区のH小学校へ転じた折で、その時の月給は二十圓であった。それから日本橋区のS小学校。赤坂区のT小学校と市内の各所へ転勤して教鞭を執って居た十五年の間に、彼の地位も追々に高まって、月俸四十五圓の訓導と云うところまで漕ぎ着けた。が、彼の一家の生活費の方が遙かに急激な速力を以て増加する為めに、年々彼の貧窮の度合は甚だしくなる一方であった。総領の娘が生まれた翌々年に今度は長男の子が生まれる。次から次へと都合六人の男や女の子が生れてから十七年目に、一家を挙げてG県へ引き移る時分には、恰も七人目の赤ん坊が細君の腹の中にあった。

  

○ 貝島の学校歴
 作中時間を、作品発表の大正7年(1918)とすると、この時点で38歳の貝島昌吉は明治13年(1880)の生まれということになります。

f:id:sf63fs:20210228113132j:plain


 高等小学校の4年を終えての進学と仮定した場合、明治28年(1895)前後に東京府下にあった府立の中学校は、東京府尋常中学校(後の府立一中、現在の都立日比谷高等学校)以下3校、私立の中学校が12校という状況でした。
 前回の記事でも触れましたが、中学校進学には本人の学力よりも家庭の経済力が決め手になるような時代でした。
 

 中学校へ上げて貰うことが出来ないような貧しい家庭に育ちながら、学者になろうとしたのが大きな間違いであった。高等小学校を卒業した時に、父親が奉公の口を捜して小僧になれと云ったのを、彼は飽くまで反対してお茶の水尋常師範学校へ這入った。

 その代替となったのが、師範学校明治30年以前は尋常師範学校)でした。こちらは、師範学校令」明治19年・1886)第9条の規程により、学資は学校から支給するものとされていました。

 その原資は地方税であったことから、漱石坊っちゃんでは、中学生と師範学校生が町中で衝突する場面において、中学生が師範生に向かって、「何だ地方税の癖に!」と侮蔑的な言葉を投げかけるという有名なシーンがあります。
(参考)  はてなブログ「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」より、2019-03-18  
16  その2「中学校と師範学校①」  https://sf63fs.hatenablog.com/entry/2019/03/18/001912
  ※父親が丁稚奉公を勧めたというあたりに、作者自身との類似を感じさせますが、貝島の方は谷崎のような「神童」というほどの才子とは描かれていません。

 

 さて、細かいことですが、気になることがあります。

 それは、貝島と「幼少時代」に登場する谷崎の小学校時代の恩師・稲葉清吉先生がともにお茶の水尋常師範学校」の出身となっていることです。
 当時、東京府にあった尋常師範学校(主に小学校教員を養成する。中等学校教員は苦闘師範学校は、明治6年(1873)創設の東京府尋常師範学校明治31年東京府師範学校と改称、東京学芸大学の前身)で、「東京府学事年報・第23-26」(東京府学務課)にも所在地は小石川区竹早町」(現在の文京区小石川)となっています。
 色々調べましたが、同校がお茶の水にあったという記述は未見です。

  .

 

f:id:sf63fs:20210228113708j:plain

 

 貝島の俸給額は・・・
 

 上のような仮定から、貝島が20歳で小学校の先生(当時は正教員を訓導と呼んだ)になった年を明治33年(1900)としてみます。
 初任給は「たしか十八圓」とありますが、『値段の明治大正昭和風俗史・上』朝日文庫)によると、同年の小学校教員の初任給は「十~十三円」となっています。
 また、陣内靖彦『日本の教員社会』では、貝島のような師範学校本科卒業生の場合、男子では明治30年代において、「十三円~十六円」という記述もあります。
 学校を運営する区、市郡、町村の財政状況によって、給与水準が決まってくるという時代でしたが、「十八圓」が本当だとすると、諸手当を含んでいたとしても、さすがに東京だけあって、かなりの恵まれた初任給と言っていいのはないでしょうか。

 その後、「十五年の間に、彼の地位も追々に高まって、月俸四十五圓の訓導」にまで「漕ぎ着けた」というわけですが、この45円(家族が多いので扶養手当などが含まれていた可能性はあります)というのは、大正時代の半ば頃にあっては、小学校教員としては相当な俸給額と言えます。
 45円から諸手当など2割程度を差し引いて、「俸給月額」が35円(下記の表では「六級下」に相当)であったとしても、決して悪くはない額であると思われます。

f:id:sf63fs:20210301145248j:plain

大正7年(1918)3月 文部総訓令4号 「教員月俸表」(『明治以降教育制度発達史第5巻』)

 下の「大正8年静岡県学事関係職員録」を見ると、県庁所在地の静岡市にある大きな学校ですが、「六級下」というと、中堅以上に位置づけられる教員であることが分かります。農村部では、校長でも「六級下」の人が見られました。

f:id:sf63fs:20210301145450j:plain

 

 ただ、大正時代前半の物価の高騰、インフレが、米騒動(大正7年)に象徴されるように、庶民の生活を苦しめました。f:id:sf63fs:20210302114210j:plain

 海原徹『大正教員史の研究』は、そのあたりの事情をこう述べています。

 大正元年と七年の物価指数比較で二倍、大正二年と九年の物価樋でいえば実に三・二倍になるという物価騰貴にもかかわらず、サラリーマンの賃金はいっこうに上がらなかった。村島帰之の証言では、世界大戦の勃発した大正三年当時の都市サラリーマンの平均月給は三〇円三一銭であったが、四年後の七年になってもこの額は三〇円六八銭とほとんど変わっていない。その間、物価は二倍になっているから実質賃金は半額、(中略)教員大衆の場合、この三〇円という収入はむしろ高嶺の花であり、大部分の人々はそれ以下の低賃金で生活せざるを得ず、文字通り貧窮のどん底で呻吟した。

  貝島の場合、学歴・経歴から見て、まずまずの待遇であったと思われますが、「彼の一家の生活費の方が遙かに急激な速力を以て増加する為めに、年々彼の貧窮の度合は甚だしくなる一方であった」というのは、そうした経済的に大変な時代状況が背景にあってのことなのでした。

f:id:sf63fs:20210301150335j:plain

村島帰之『ドン底生活』(大正7年・1918)の表紙

f:id:sf63fs:20210301150532j:plain

「府下の先生無慮五千人」という見出しで、大阪府下の小学校教員の俸給生活とその「お粗末きわまりない」(海原・前掲書)実態が述べられています。