名作に見る明治・大正の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

谷崎潤一郎「小さな王国」④ 修身の時間に二宮尊徳の話

 

f:id:sf63fs:20210303143636j:plain

前橋市ホームページ)

    彼が教職に就いたD小学校は、M市の北の町はずれにあって、運動場の後ろの方には例の桑畑が波打って居た。彼は日々、教室の窓から晴れやかな田園の景色を望み、遠く、紫色に霞んで居るA山の山の襞に見惚れながら、伸び伸びしとした心持ちで生徒達を教えて居た。(中略)
 性来子供が好きで、二十年近くも彼等の面倒を見て来た貝島は、いろいろの性癖を持つた少年の一人々々に興味を覚えて、誰彼の区別なく、平等に親切に世話を焼いた。場合に依れば随分厳しい体罰を与えたり、大声で叱り飛ばしたりする事もあったが、長い間の経験で児童の心理を呑み込んで居る為めに、生徒たちにも、教員仲間や父兄の方面にも、彼の評判は悪くはなかった。正直で篤実で、老練な先生だと云う事になって居た。

  「G県M市」とは、言うまでもなく群馬県の県庁所在地である前橋市のことです。当市は関東平野の北西端、赤城山南麓に位置しており、明治時代から製糸業で栄えていました。
 38歳というと、今の学校現場の年齢構成からは、「老練」にはほど遠く、まだどちらかというと「若手」に属することでしょうが、とにかく、東京の師範学校出で20年近い経験を有する彼は、自他共に認める周囲から信頼されるベテランの教師であったようです。

 貝島がM市へ来てからちょうど二年目の春の話である。D小学校の4月の学期の変わりめから、彼の受け持って居る尋常五年級へ、新しく入学した一人の生徒があった。顔の四角な、色の黒い、恐ろしく大きな巾着頭のところどころに白雲の出来て居る、憂鬱な眼つきをした、ずんぐりと肩の圓い太った少年で、名前を沼倉庄吉と云った。何でも近頃M市の一廓に建てられた製糸工場へ、東京から流れ込んできたらしい職工の倅で、裕福な家の子でない事は、卑しい顔立ちや垢じみた服装に拠っても明かであった。

 

 ■ 修身の時間 ー二宮金次郎

 或る日の朝、修身の時間に、貝島が二宮尊徳の講話を聞かせたことがあった。いつも教壇に立つ時の彼は、極く打ち解けた、慈愛に富んだ態度を示して、やさしい声で生徒に話しかけるのであるが、修身の時間に限って特別に厳格にすると云う風であった。(中略)
「今日は二宮尊徳先生のお話をしますから、みんな静粛にして聞かなければいけません。」
 こう貝島が云い渡して、厳かな調子で語り始めた時、生徒たちは水を打ったように静かにして、じっと耳を欹(そばだて)てゝ居た。隣りの席へ無駄話をしかけては、よく貝島に叱られるおしゃべりの西村までが、今日は利口そうな目をパチクリやらせて、一心に先生の顔を仰ぎ観て居た。暫くの間は、諄々と説き出す貝島の話声ばかりが、窓の向うの桑畑の方にまでも朗かに聞えて、五十人の少年が行儀よく並んで居る室内には、カタリとの物音も響かなかった。

 「修身」とは今でいうところの「道徳」の時間です。 

 その導入経過と、内容の変遷については、本ブログの下記の記事をご参照ください。

中勘助銀の匙』⑤ 修身と操行点      (https://sf63fs.hatenadiary.jp/entry/2019/06/27/152737

 

 ここでは、題材となった二宮金次郎(尊徳)について、見ていくことにします。

 

f:id:sf63fs:20210303145056j:plain

二宮金次郎銅像報徳二宮神社ホームページ) 

「負薪読書像」といわれるこのスタイルは、金次郎14歳の頃、未明から薪をとりに行き、それを小田原城下へ売りに二里の道を歩きながら、時間を惜しんで本を読んでいた姿を表しています。

 明治33年(1900)頃から、ほとんどの修身教科書に二宮金次郎(尊徳)」が登場するようになります。

 それまでの「徳目主義」の教科書から、ヘルバルト派教育思想の影響で、人物伝記を教材にして教授するという「人物主義」の教科書に変わりましたが、「尊徳をあらゆる徳目をそなえた人間とする傾向がいっそう強まり、尊徳は理想的人間とあがめ、たてまつられるように」なりました。(中村紀久二『教科書の社会史明治維新から敗戦までー』)

 さらに、国定教科書明治36年・1903~)になると、「尊徳は金次郎の幼名にもどり、その少年時代の孝行・勤勉・倹約・我慢・服従のエピソードだけが取材される」(中村・前掲書)ようになっていきます。

二宮金次郎(尊徳)・・・江戸末期の農政家。通称金次郎。名は尊徳(たかのり)相模国(神奈川県)の人。苦学の末没落した一家を再興。文政五年(一八二二下野国(栃木県)芳賀郡の荒廃地の復興に努め、その後印旛沼、日光領八九か村などを復興。実証主義の立場にたち、報徳社を創始、自ら陰徳、積善、節倹を励行した。天明七~安政三年(一七八七‐一八五六)(『精選版 日本国語大辞典』)

f:id:sf63fs:20210303150947j:plain

f:id:sf63fs:20210303151011j:plain

f:id:sf63fs:20210303151040j:plain


  「尋常小学修身書 第三学年 児童用」

大阪教育図書、明治37年・1904(広島大学図書館教科書コレクション画像データベース)

 金次郎は修身の教科書だけではなく、唱歌の題材にもなりました。

尋常小学唱歌(2年)「二宮金次郎 明治44年(1911年)

1 柴(しば)刈り縄ない 草鞋(わらじ)をつくり
  親の手を助(す)け 弟(おとと)を世話し
  兄弟仲よく 孝行つくす
  手本は二宮金次郎

2 骨身を惜(おし)まず 仕事をはげみ
  夜なべ済まして 手習(てならい)読書
  せわしい中にも 撓(たゆ)まず学ぶ
  手本は二宮金次郎

3 家業大事に 費(ついえ)をはぶき
  少しの物をも 粗末にせずに
  遂には身を立て 人をもすくう
  手本は二宮金次郎

 

  修身の教科書に登場した人物を回数順に並べると以下のようになります。

1)明治 天皇
2)二宮金次郎 ( 孝行 勤勉 学問 正直)
3)上杉 鷹山 ( 倹約 志を堅くする 産業を興す 孝行)
4)渡辺 登 (孝行 兄弟 勉強 規律)
5)加藤 清正 ( 仁義 誠実 勇敢 信義)
6)フランクリン ( 自立自営 規律 公益 勤労)
7)豊臣 秀吉 ( 勉強 立身 志を立てる)
8)貝原 益軒 ( 度量 健康)
9)伊能 忠敬 ( 勤勉)
10)佐太郎 ( 勇気 胆力)
その他 髙田屋嘉兵衛 ( 勇気 胆力)
中江 藤樹 ( 公徳)
ナイチンゲール ( 博愛 親切)

唐沢富太郎『図説 明治百年の児童史・上』ほか参照

※渡辺 登・・・江戸後期の画家・蘭学者渡辺崋山

佐太郎・・・江戸時代中期、現在の神奈川県小田原で篤行者として村人から敬慕された林佐太郎

  金次郎は明治天皇に次ぎ、堂々2位にランクされるほどの人気(?)だったのです。

 

■ なぜ二宮金次郎なのか?

 二宮金次郎がそれほどに好んで取り上げられたのはなぜなのでしょうか。

 理由として、次のようなことが挙げられています。

 二宮尊徳(金次郎)の四大高弟といわれる人物の一人である富田高慶が、明治13年(1880)に尊徳の思想と伝記を詳述した『報徳記』安政3年・1856)を明治天皇に献上したところ、いたく感銘を受けられて、これを勅版として全国の知事に配布されたのでした。

 また、高弟の一人である岡田良一郎は、現在の静岡県掛川市報徳思想の普及活動などを行っていた「遠江国報徳社」を運営していましたが、明治44年(1911)に大日本報徳社と改称して、その活動をより発展させていったということも背景にありました。

 一方、衆議院議員をつとめた岡田良一郎の子に、後の文部大臣・岡田良平、内務大臣・一木徳郎がいましたが、岡田良平の文部省内での出世と教科書の尊徳教材の増加が一致していることから、「なにがしかの関与があったにちがいない」(中村・前掲書)とされています。

 そうした諸事情はさておいても、「勤勉と倹約」を強調して、農民の生き方を教えるという尊徳の思想が、時の政府や文部当局にとっては誠に好都合であったというのが、本当のところではないでしょうか。

 ちなみに、昔の小学校でよく見られた金次郎の銅像負薪読書像)が登場するのはもう少し後のことです。

 大正13年(1924)に愛知県宝飯郡前芝尋常高等小学校に設置されたのが最初の例で、その後全国各地の小学校に普及していきました。そのピークは昭和10年代の前半(1935~1940)ではないかと言われています。

 もちろん、小学校の設置者が建てたものではなく、すべて校区内の篤志家、諸団体、

その他有志などの寄贈によるものでした。  

 

※近年映画化されていたのを初めて知りました。(2019年6月公開)

f:id:sf63fs:20210304155200j:plain

【キャスト・スタッフ】

合田雅吏 田中美里 成田浬  榎木孝明(特別出演) 柳沢慎吾 田中泯  犬山ヴィーノ 長谷川稀世 竹内まなぶ(カミナリ) 石田たくみ(カミナリ) 渡辺いっけい 石丸謙二郎 綿引勝彦

監督:五十嵐匠 脚本:柏田道夫 原作:「二宮金次郎の一生」(三戸岡道夫 栄光出版社刊)
音楽:寺嶋民哉 プロデューサー:永井正夫

製作:映画「二宮金次郎」製作委員会 万葉倶楽部株式会社/井上泰一/日本教科書株式会社/株式会社ストームピクチャーズ