小説にみる明治・大正・昭和(戦前)の教育あれこれ

小説に描かれた明治・大正・昭和戦前の教育をあれこれ気ままに論じていきます。漱石『坊っちゃん』は「『坊っちゃん』に見る明治の中学校あれこれ」(https://sf63fs.hatenablog.com/)へ。

山本有三「波」② 尋常夜学校

 行介の受け持つ組で級長をしている君塚きぬ子は、生活苦から大阪の芸者屋へ「下地っ子」として売られていきました。行介は大阪の警察に知り合いがあったことから、抱え主に掛け合ってもらい、二年間での借金返済を条件にきぬ子は東京に戻りますが、父親は彼女を精工舎で働かせます。学業の継続を願う行介は、14歳になっているきぬ子を「夜学の尋常科」に入れる手続きを取りました。

 尋常夜学校は学齢になっても小学校にはいらなかったもの、昼間働いているために通学出来ないもの、そういう人達を重(おも)に収容していた。だから二十で尋常一年生というような生徒もいた。そして一つの教室に各学年の生徒が雑居しているから、一方で五年生が算術をやっている間に、三年生は読本を読んでいるという工合で、何のことはない、昔の寺子屋という観があった。
 それだけ教えにくくはあったが、行介は少ない給料をいくらかでも多くするために、この夜学部の方にも一週二日ずつ働いていた。それできぬ子にもまた教室で時々顔を合わせた。彼女は昼間時計工場で時計の機械磨きをやって、疲れ切った体を、夜には感心に学校に運んだ。併(しか)し余程(よっぽど)疲れるものと見えて、彼女はよく教室で居眠りをした。 (二ノ十二)

※本文は岩波文庫版によるが、新字・新仮名に改めています。

  東京市では、日露戦争後に大小多数の工場が増設され、家庭の経済状況からそうした工場で働かざるを得ない学齢期の児童のために、「特殊夜学校(夜間小学校)」(または特殊夜学部とも呼ばれた)を設置しました。

 明治39年(1906)に神田・京橋・小石川・下谷に開設されて以降、大正3年(1914)までに34 校の特殊夜学校が設置され、そこで学ぶ児童生徒数は増加の一途をたどりました。

 「市立尋常夜学校学則」(大正5年・1916)によると、この夜学校は次のように規定されていました。

・対象・・・原則として12歳以上で義務教育の課程を修了しておらず、昼間の就学が出来ないもの
・修業期間・・・3カ年(半年6期に分ける)
・授業時間・・・毎夜2時間を3時限に
・授業料・・・不要、学用品等は給与または貸与
・教科目・・・ 修身 国語 算術 日本歴史 地理 理科 図画 唱歌 体操 裁縫(女子) 

※1週18時間の授業のうち、学年により異なるがほとんど国語と算術

※下記のように「各種学校」に分類され、卒業しても尋常小学校卒業の資格は得られなかった。

 

f:id:sf63fs:20210404145322j:plain

東京市学事年報第18回」(1921)より、大正7年度(1918)夜学校の統計

 夜学校では専任の教員は極めて少なく、全教員の3分の2は昼間の教員が兼任したり、行介がそうであったように、アルバイトの教員を雇ったりしていたようです。

 在籍していた児童生徒の内訳ですが、大正14年(1925)の卒業生の場合、次のようになっていました。

卒業生職業
店員・見習い小僧 261  徒弟職工 371  給仕 25  女工 46 

芸妓見習い 34  女中 67  子守 29  家事手伝い 88 

無職14  その他 54   合計991 

 

f:id:sf63fs:20210404161028j:plain

昭和57年(1982)俳優座「波-わが愛」 作:山本有三 演出:島田安行 

■ 不就学の多さ

 行介が勤めていた特殊小学校のあった深川区(現在の江東区の北西部)は、大正10年(1921)の東京市内の細民に関する調査」東京市)によると、東京市内で最も生活困窮者の比率の高い区となっています。
 世帯数では東京市内で「細民」と規定された18,351世帯のうち4,818世帯(26.3%)。人口では74,493人のうち19,303人(25.9%)という高い数値が残っています。

f:id:sf63fs:20210406150536j:plain

f:id:sf63fs:20210406150601j:plain

下谷区浅草区の「細民」街の住居の様子と子供たち(大正10年東京市社会局「東京市内の細民に関する調査」より)

 こうした環境では子供たちも十分な教育を受けられないことが多く、下の表のように、不就学者の比率は概して東京市の平均よりも高い数値を示していました。

f:id:sf63fs:20210406151241j:plain

■ 就学の猶予と免除

 明治33年(1900年)の「小学校令」(第三次)では、小学校を尋常・高等の二段階とし、修業年限は各四か年としました。就学義務の学齢は六歳から十四歳に至る八か年で、父母・後見人は尋常小学校四か年(明治40年、六年に延長)を修了するまでは児童を就学させる義務があるとしています。

 ところが、「小学校令」は第33条で「就学務の免 除と猶予」について定めていました。

第五章 就学

第三十三条 学齢児童瘋癲白痴又ハ不具癈疾ノ為就学スルコト能ハスト認メタルトキハ市町村長ハ監督官庁ノ認可ヲ受ケ学齢児童保護者ノ義務ヲ免除スルコトヲ得

学齢児童病弱又ハ発育不完全ノ為就学セシムヘキ時期ニ於テ就学スルコト能ハスト認メタルトキハ市町村長ハ監督官庁ノ認可ヲ受ケ其ノ就学ヲ猶予スルコトヲ得

市町村長ニ於テ学齢児童保護者貧窮ノ為其ノ児童ヲ就学セシムルコト能ハスト認メタルトキ亦前二項ニ準ス

   就学の猶予や免除を認められた者は、明治43年(1910)で 約14万 人でしたが、それ以降も大正6年(1917)までは毎年10万人以上に上っていました。

 そのうちの約70%近くが貧困を理由とするものとされています。

(田中勝文 「学齢児童就学奨励規程」制定の背景)

 

■ 児童労働・工場法・夜学校

 明治44年(1911)にようやく成立した「工場法」は、労働者の最低年齢、少年および女性に関する労働時間制限・夜業禁止・休暇等の規定等を定めたものでしたが、適用範囲は「常時15人以上の職工を使用する工場」という抜け道が設けられていました。

 また、「満12歳未満の学齢児童でも、工場内に義務教育の施設を設ければ軽易な作業 に使用できる」ことになっていました。

 その実態は以下のようであったということです。

 約2万人余の学令児童が「工場法」の施行下で適用工場に就労していたことになる。 これら労働学令児童は(中略)その80%ちかくが染織工場に働き、10%あまりが化学工場に就労していた。 染織工場の中でも紡績業と織物業がもっとも多く、 染織工場中の過半をこの二つの業種が占め、 ついで製糸業と紐物編物業がそれに次いでいる。化学工場ではほとんどの児童が、 硝子・陶磁器等の窯業と燐寸製造業に従事し、 とりわけ燐寸製造業に化学工業中の約6割の児童が就労していた。

(田中勝文「児童労働と教育 ー1911年工場法の施行をめぐってー」)

 

 貧困による不就学児童の問題は、大正期半ば以降、大きな社会問題となっていきました。

    それは東京のみならず、大阪市、神戸市、名古屋市などの主要大都市に共通する問題でした。

 「東京市における尋常夜学校の入学者と卒業者」

f:id:sf63fs:20210406164107j:plain

 (川向秀武「東京における夜間小学校の成立と展開」より) 

 

 大都市を中心として、各地に夜学校が開設されていきましたが、上の東京市における卒業者の比率から分かるように、昼間厳しい労働にさらされている児童生徒にとって、その修学は並大抵のものではありませんんでした。

 そして、何よりも財政的、物質的な補助の乏しさが常態化していました。

    また、この学校がいわゆるスラム街に設置されることが多かったために、貧困イメージの定着、差別意識の助長等々、様々な問題を抱えながらの学校運営が続いたのでした。

 

※「日本近代文学大系」では「深川区のT小学校」でしたが、岩波文庫版では「深川区の○○小学校」となっています。やはり、地名が特定されることに配慮してのことでしょうか。いかにも、岩波らしいですね。